包茎だとわかれば、それがずっとコンプレックスになったり悩みとなってついて回ることになり、特に恋愛や結婚に言い積極的になれません。
誰にも相談をすることができずに、うつになることもあるのです。
包茎は衛生面でも健康面にも悪影響を与えるので放置せず、できるだけ早めに改善をする方が良いのです。
特に真性包茎は自分ではどうしようもないので、包茎手術が勧められます。

そこで包茎手術をする場合、一般の病院の泌尿器科で受けるならどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
ここでは包茎についての基礎知識と泌尿器科で受ける治療について解説します。

包茎の原因と症状について

男の子の赤ちゃんは生まれながらにして真性包茎で、皮が被っています。
成長前のペニスよりも皮の方が伸びていて、亀頭と癒着しているので赤ちゃんはみんな包茎です。

成長をするとペニスも大きくなってきて癒着も緩んで亀頭が露出してくるのですが、思春期を過ぎても包茎のままだと、仮性包茎もしくは真性包茎の可能性が高いです。

日本では女性である母親は包茎の知識などもたない人が多く、赤ちゃんの頃に皮を剥いて中の恥垢をきれいに洗い流すようなことができる人はそれほど多くありません。
幼少期の頃に始まる性器いじりに関しても、制止してしまいがちです。
また木登りをしたり自転車に乗ったりと股間をこするようなこともあまりしないで大きくなれば、皮がむけにくくなってしまいます。
さらにオナニーのし過ぎで皮を伸ばしてしまうと、剥けにくくなってしまいます。

これらのことが原因で包茎になることが多いのですが、普段は皮を被っているけれど勃起をしたらむけるとか自分で剥くことができる場合は仮性包茎です。
皮を剥く練習をしたりマッサージでペニスの増大を図ることで改善することが可能です。

しかし勃起をしても皮がむけないとか、自分で剥くことができないという場合は真性包茎といわれ自分では改善が難しいので、専門の病院での治療が勧められます。

包茎を放置するとどうなるのか

包茎とは、亀頭に皮が被っている状態です。
排尿もするし汗もかくので、皮と亀頭の間には垢がたまります。
垢を洗い流さないでいると、雑菌が増殖して炎症を起こしたり性病の原因にもなってしまうのです。
仮性包茎なら自分で皮が捲れるので、入浴時に垢を洗い流すことができますが、真性包茎の場合は皮が捲れないので垢がたまってしまいます。
それが炎症や病気を起こすだけでなく、悪臭を発したりもしてしまうのです。

また、真性包茎の場合は排尿をするときもまっすぐに出ず飛び散ってしまったり、性行為がうまくできずに結婚をしても子どもができないなど様々なリスクを伴います。

包茎は皮がペニスよりも伸びているために起こるので、ペニスを成長させることが必要ですが、真性包茎でいつまでも皮を被っていると成長も阻害され、いつまで放置しても包茎が治ることがありません。

真性包茎の場合は、できるだけ早いうちの治療が勧められます。
ペニスは10歳から20歳にかけて成長をするので、その間に包茎手術を行う方がペニスが成長できるからです。
治療は包茎手術ということになりますが、真性包茎なら保険適用内での治療も可能です。
ただ保険適用は泌尿器科での治療だけで、術後の見た目にこだわって手術ができる美容クリニックでの包茎手術なら自費となります。

包茎手術を泌尿器科で受けるメリットとデメリット

包茎手術の専門は、一般的には泌尿器科です。
泌尿器科で包茎の治療を行う場合、子どもなら軟膏が処方されます。
毎日お風呂上りに軟膏を塗ることで、包皮をやわらかくしてむけやすくするのです。
子どもであればほとんどの場合軟膏だけでよくなりますが、成人の場合は軟膏ではよくならないので、包茎手術が行われます。

包茎手術というのは、包茎の人に見られる包皮の狭い部分を切除して狭い部分を広げるという治療です。
治療費に関しては、病院の泌尿器科なら真性包茎なら保険が適用するので、包茎手術のみなら1万円程度です。
1週間程度の入院が必要なので、総額5万円から8万円で済むところがメリットです。
しかし包茎は治っても、術後の見た目のフォローはないのがデメリットとなります。

そのほか泌尿器科クリニックや美容クリニックなどがありますが、保険が適用するのは病院の泌尿器科だけです。
町の泌尿器科クリニックでは手術だけで10万円以上かかりますが、病院の泌尿器科と同じで見た目のフォローはありません。

術後の美容面も考慮される美容クリニックなどは、術後包茎も治りきれいに仕上がりますが数百万円もかかる場合があるので、病院は慎重に選ぶことが大切です。

まとめ

仮性包茎だと自分で皮がむけるので清潔を保つこともできますが、真性包茎は自分ではどうしようもないので手術が必要になります。
真性包茎の場合は、病院の泌尿器科で手術をする場合のみ保険が適用されるので、美容クリニックなどで高額な費用が掛かるよりはずっと安く済みます。

しかし泌尿器科の手術は、包茎を治すことだけに重点を置いていて術後の見た目にはこだわっていません。
見た目がどうなっても包茎が治ればよいという場合は病院の泌尿器科が勧められ、きれいに手術をしてほしいという場合は、高額な費用が借りますが美容クリニックで施術を受けることが勧められます。